前へ
次へ

不動産登記手続きの依頼先

不動産登記をその道のプロにお願いする場合、もちろん報酬の支払いが生じます。
あらためていうまでもなく、ひとくくりに不動産登記とは言うものの色々なタイプがあります。
実務に関しては弁護士と比較すると司法書士がすることが多いといえます。
登記は弁護士もできるにもかかわらず、現実、登記に詳しい弁護士は決して多くはありません。
不動産登記は、弁護士と見比べて登記のエキスパートである司法書士の方が得意分野ですから、司法書士にお願いをしたほうが手続きをイメージ通りに進めることができると言えます。
そういう理由から、実務上も、弁護士にお願いをすると繋がりのある司法書士を案内されるといったパターンも増加しています。
不動産売買や譲渡に関しての法律のトラブルは弁護士の方が得意分野ですから、不動産売買や譲渡に対しての法律相談は弁護士へ、不動産登記の相談は司法書士へと相談先を区分して使うのが最良だと言っていいでしょう。

Page Top