前へ
次へ

不動産登記をしないメリットとデメリット

取り敢えず売却というようなスケジュールがないケースだと、その状態で不動産登記しないという方法もあります。
しかしながら、このようなケースでも、役場に対しまして、未登記家屋所有権移転届を出しておいたほうが安心できます。
このようにすることで、将来に向けた固定資産税納税通知書については、相続人あてに配達されることになります。
メリットとして不動産登記の費用が掛からないことがあげられます。
役所に向けての届け出だけですから、登記費用は取られません。
しかしながら、未登記家屋所有権移転届提出の時に、戸籍謄本であったり遺産分割協議書などの、相続に関わる書類が入用になるので気をつける必要があります。
デメリットとして売却、担保入れが不可ということがあります。
登記がないことから、担保にお金を借り入れ出来ないばかりでなく、建物を譲渡することもできません。
一方、しばらくの間こういったスケジュールがなく、いずれ壊す予定であれば、さしたるマイナス点もありません。

Page Top