前へ
次へ

知っておきたい不動産登記の問題点

不動産登記の手続きに救われたケースもあります。
最近では不動産投資が人気ですが、不動産の売買契約に落とし穴があることも知っておいて損ではありません。
例えば、土地・建物を二重譲渡する悪巧みを計画する者もいないとは断言できません。
備えあればというように、所有権移転登記を行ってしまえば、所有権を覆すために裁判が必要になります。
Aさんの悪巧みであっても、現在は罰則がないので、売買の意思確認は必須です。
BさんもCさんも、どちらも被害者ですが、協力を打診したり、話し合いの場を作ることも一法です。
二重譲渡のみならず、私たちの身近でいえば、遺産相続の問題があるでしょう。
家族も枝分かれ、相続関係者もどんどん増えれば、遺産分割協議による相続登記が必要になります。
そのとき、相続人全員からサインが必要になります。
簡単な話ではなく、最近では相続権があるにも関わらず、音信不通で不動産登記に時間をかけなければならない、気が遠くなる手続きに発展することもあります。

Page Top