前へ
次へ

不動産登記の未登記が存在する理由

今となっては、住宅を建築するケースではローンを組むことのほうが一般的な方法です。
そういったとき、融資に取り組む銀行等は、建物に担保を設定することになります。
このようなケースでは、不動産登記の表題登記と権利登記の両方がしっかりとなされていなければ、担保設定できません。
これにより、ローンを設定し家を建てた場合、不動産登記が実行されないということは基本的にありません。
つまり担保設定できないことから、銀行が融資を実行に移さないことになります。
それに対し前は、建築するのにローンを組まずにキャッシュで建築することがよくありました。
そういった時、銀行融資を受けることが要求されず、そういった背景から、手間暇かけて登記を入れなくても、現実困ることがないことから、そのままの状態で登記がなされていないパターンがあるわけです。
ちなみに、登記されているか否かは、固定資産税の納税通知書を持参して法務局に行けばチェックできます。

Page Top