前へ
次へ

不動産登記のトラブルを知って対策しよう

従来の登記簿も現在ではコンピューター上の登記記録に置き換えられ、これから不動産登記の手続きをするならば、登記識別情報を取得することになります。
不動産登記簿には、所有権に関することが記されています。
また、ローンの支払いが出来ず、不動産の差し押さえがあった場合も履歴として記されます。
普段見慣れないため、差し押さえ履歴の消し忘れで残ってしまったままという場合もありますから注意も必要です。
司法書士が関わることのあるのが乙区、ローンでの抵当権に関与します。
もしも不動産を購入するのなら、不動産の売買契約書の売主と、不動産登記事項証明書の所有者が合致しているのか、確認してみましょう。
中には、共有であるにも関わらず、一方の名前だけで交わしてしまい、後々トラブルに発展してしまった、そうしたケースもありました。
こうしたトラブルは、登記をしなくても問題がないためです。
例えば、AさんがBさんから住宅を個人的に購入した場合、登記申請がなされていなければ登記上はBさんの持ち家のままです。
共有しているのなら、その共有者の持分についてもトラブルに発展、売買を知らされないままの共有者が頭を抱えてしまい、弁護士に相談するケースもあります。
ですから、未然に防ぐには売買契約に司法書士の立会いを求めましょう。
そうすれば、登記事項証明書に記されている所有者に対して、売買の意思確認を行ってくれます。

Page Top