前へ
次へ

不動産登記をすることの意味とは

不動産登記は法律で決められているルールなので行うという人が大半でしょう。
ただここであらためて、登記することの意味を考えてみましょう。
不動産登記をすることは、権利を第三者に主張できる対抗力を持つことを意味します。
もちろん法的効力のあることですので、万が一、二重売買などのトラブルが起こってしまった場合にも、先に登記をしたほうが所有者となる権利を持つことができます。
ただ、登記に公信力(それをもとに行われた取引を保護する力)があるわけではないため、実際には存在しない権利関係が生まれることはありません。
つまり、誰かが勝手に他人の土地を移転登記をしても所有者にはなれませんし、それを信じて交わされた売買契約も無効となります。
正式な所有者が正しく登記を行うことで、はじめて権利が確約されるものだと理解すれば良いでしょう。
いずれにしても、登記もせず放置していると大きなトラブルを招く危険性もあります。
安心して土地建物を所有するためには必須のものと言えます。

Page Top