前へ
次へ

不動産登記の中間省略のメリット

中間省略登記と言うのは不動産登記する上で複数人で売買を実施し、所有権が移り変わっているにもかかわらず中間者の移転登記を略し、その結果所有権を手に入れた方にダイレクトに所有権が移ったこととして出すシステムのことを指します。
不動産登記においての中間省略のメリットとして、登録免許税が1度でこと足りることがあります。
移転登記に取り組むことで登録免許税という税金が求められます。
元来、移転登記という形で登録するケースでは、登録免許税が回数分求められますが、中間省略登記においては、中間者に登録免許税が掛からなく済むことになります。
また、節税が望めます。
同じく不動産取得税も回避できます。
こういったことにより流通コストも圧縮できるため、買取価格も押し下げることが可能です。
また、売買代金が察知されることなく済みます。
契約書類を個別に作り上げているため、売買価格を察知されることがないといえます。
どの程度の売買益を確保しているかを気づかれたくない場合に実用的です。

Page Top